ROBO-ONE Eagle

ROBO-ONE Eagleはロボットの運動性能を競う競技です。バーやターンテーブル、平均台などの障害物を越えて進みます。


上記画像はイメージイラストです。実際の競技に使用されるものとは異なる場合があります。

  1. 競技内容
    • ・スタート地点から、ゴール地点にたどり着くまでの時間を争います。コースアウトした場合は1ブロック前から継続できます。
    • ・操縦者は競技セットに設置されたカメラからの映像をたよりに、指定された位置でロボットを操作し ます。
    • ・競技セットを直接目視する事は出来ません。
  2. 持ち時間
    • ・持ち時間は4分とします(ただし参加者数に応じて変更する場合があります)。
  3. 障害物の規格
    • ・障害物は全て900mm×900mmの大きさで構成されます。またロボットが歩行して移動する部分は全てアルミ 板または1/4リングを使用します。

      1. 1)水平バー

        直径32mmのステンレスパイプで長さ約3mのものを使用。フィールド面から540mmで、傾斜はありません。着地位置には約10mmのスポンジを貼ります。

      2. 2)ターンテーブル

        ターンテーブルはモーターによって回転しています。必ずターンテーブル上を通過して下さい。

      3. 3)ドア

        横390mm(片側)、高さ480mm。フィールド面から最上部まで500mm。

      4. 4)L字通路

        200mm幅のL字通路があります。

      5. 5)階段

        階段の寸法は段差は30mm、階段の幅は900mm、
        奥 行きは100mmで材質はアルミです。

      6. 6)悪路

        900×675の変則12分割で1ブロック225mm×225mmで、高低差は、10mmです。

  4. 障害物の詳細
    • ・各ブロックは900mm×900mmで構成されます。図は障害物の配置例です。
    • ・パイプにつかまらせて、スタートの合図とともに移動開始。ここから操作者はロボットに手を触れることは出来 ません。スタートの合図で足を上げる等してパイプ を渡ります。
    • ・水平バー終点でパイプから手を離すなどの動作により着地して次のブロックに移動します。
    • ・着地位置にはクッション材(スポンジ)を貼ってあります
    • ・ターンテーブルはモーターによって回っています。必ずターンテーブルの上を通過してください。
    • ・ドアは両開きのスプリング式になっています。1kg程度のロボットの力でも充分開くように設定しますので、そのまま押して進んでください。ドアが戻る時の力に注意をして進んでください。
    • ・200mm幅の通路の突き当たりがL字になっています。
    • ・階段を上り、悪路を越えてジャンプして次のブロックのマットへ着地します。着地後、ゴールエリアで立ち上がればゴールです。
Dash
Ball
Eagle
Dash リザルト
Ball リザルト
Eagle リザルト
協賛企業
過去の大会
MAIL