◆第 9回 ROBO-ONE Light

2014年秋開催予定です。

ROBO-ONE Lightとは
市販ロボットで出場できる二足歩行ロボット格闘競技大会です。
ROBO-ONE Lightは、初心者でも公認ロボット(ROBO-ONE委員会が公認する市販ロボット)で簡単に参加できる大会です。
購入して組み立てたそのままの形状で参加できます。

公認ロボットはこちら>>>



初心者でもロボットを購入して直ぐに大会に参加できる!
ROBO-ONEでは、ROBO-ONE委員会が公認する市販ロボット(公認ロボット)に限り、無改造であればそのまま参加できる大会 「ROBO-ONE Light」を開催しています。
初心者の方でも簡単に参加できる大会です。

自作・改造ロボットには1kg以下など厳しい条件が設けられます。
これにより市販ロボットそのままでも、熟練者が操縦する自作ロボットと互角以上に競えます。


KHR-1 近藤科学株式会社
KHR-1HV 近藤科学株式会社
KHR-2HV 近藤科学株式会社
KHR-3HV 近藤科学株式会社
FREEDOM jr.III 株式会社ベストテクノロジー
ROBOBUILDER 株式会社ベストテクノロジー
Bioloid 株式会社ベストテクノロジー
MANOI AT01 KYOSHO(MANOI企画)
KHR-3HVコンプリートセットROBO-ONEカスタム仕様> ロボットゆうえんち/MANOI企画
TINYWAVE (有)杉浦機械設計事務所
TINYWAVE-F (有)杉浦機械設計事務所
JO-ZERO 姫路ロボチャレンジ(姫路ソフトワークス)
STD-ZERO 姫路ロボチャレンジ(姫路ソフトワークス)
Pirkus・R Type-01 DXII Light 株式会社ピルクス(チーム ピルクス)
Pirkus・R Type-01 DX 株式会社ピルクス(チーム ピルクス)
Pirkus・R Type-01 株式会社ピルクス(チーム ピルクス)
ISAMARO チーム ピルクス
ISAMARO MarkII チーム ピルクス
G-ROBOTS GR-001 双葉電子工業株式会社(株式会社エイチ・ピー・アイ・ジャパン)
HR-Trainer Jr. 双葉電子工業株式会社(株式会社バイナス)
RIC-30 双葉電子工業株式会社(株式会社アールティ)
RB2000 ヴィストン株式会社
Robovie-X ヴィストン株式会社
Robovie-nano ヴィストン株式会社
 ※公認が決まり次第随時追加します。


KHR-1

製品名 KHR-1
WEBページ なし
公認ルール 組み立ては付属の組み立て説明書にしたがって行うこと。
公認オプションパーツ ・RSC-1
・KRC-1 無線コントロールセット
・KRT-2
・KRC-3 AD
・KRC-2 AD
・無線コントロールユニット(KHR-1/RCB1用)
・KRT-3&ICS USB無線コントロールセット
・KRR-1 受信機
・クリスタルセットID1~ID20
・KRG-2 ツインジャイロ
・KRG-1 シングルジャイロ
・MX-301R
・MX-302R
・ROBOパワーセル6.0V 600mAh Ni-cd
・ROBOパワーセル2 6.0V 1100mAh Ni-MH
・ROBOパワーセル2 6.0V 1200mAh Ni-MH

Page top


KHR-1HV

製品名 KHR-1HV
WEBページ こちら
公認ルール 組み立ては付属の組み立て説明書にしたがって行うこと。
公認オプションパーツ KRC-4GP
・KRG-4 ジャイロセンサー
・KRG-3 ジャイロセンサー
・RAS-2 加速度センサー
・RAS-1 加速度センサー
・接続ケーブル(約100mm)
・KRR-1 受信機
・クリスタルセットID1~ID20
・KRC-3 AD
・KRC-2 AD
・KRC-1 無線コントロールセット
・KRT-2
・無線コントロールユニット(KHR-1/RCB1用)
・KRT-3&ICS USB無線コントロールセット
・MX-301R
・MX-302R
・MX-201
・ROBOパワーセルHV Cタイプ 9N-300mAh Ni-MH
・ROBOパワーセルHV Dタイプ 9N-800mAh Ni-MH品番:03062
・KBT-1
・ソールグリップA
・ソールグリップB
・PGB-001

Page top


KHR-2HV

製品名 KHR-2HV
WEBページ KHR-2HV
KHR-2HV アップデート済みセット
公認ルール 組み立ては付属の組み立て説明書にしたがって行うこと。
公認オプションパーツ KRC-4GP
・KRG-4 ジャイロセンサー
・KRG-3 ジャイロセンサー
・RAS-2 加速度センサー
・RAS-1 加速度センサー
・接続ケーブル(約100mm)
・KRR-1 受信機
・クリスタルセットID1~ID20
・KRC-3 AD
・KRC-2 AD
・KRC-1 無線コントロールセット
・KRT-2
・無線コントロールユニット(KHR-1/RCB1用)
・KRT-3&ICS USB無線コントロールセット
・MX-301R
・MX-302R
・MX-201
・ROBOパワーセルHV Cタイプ 9N-300mAh Ni-MH
・ROBOパワーセルHV Dタイプ 9N-800mAh Ni-MH
・KBT-1
・ソールグリップA
・ソールグリップB
・PGB-001

Page top


KHR-3HV・KHR-3HV Ver.2

製品名 KHR-3HV
KHR-3HV Ver.2
WEBページ こちら
公認ルール 組み立ては付属の組み立て説明書にしたがって行うこと。
Ver.1のキットでもVer.2の組立説明書の内容で組み立ててもよい。
開脚フレームにて腰軸を搭載してもよい。ただし、サーボを追加することなく頭部サーボを腰に移植すること
公認オプションパーツ KRC-4GP
・KRG-4 ジャイロセンサー
・KRG-3 ジャイロセンサー
・RAS-2 加速度センサー
・RAS-1 加速度センサー
・接続ケーブル(約100mm)
・KRR-1 受信機
・クリスタルセットID1~ID20
・KRC-3 AD
・KRC-2 AD
・KRI-3
・KRI-3AD KRI-3付きセット
・KRC-1 無線コントロールセット
・KRT-2
・MX-301R
・MX-302R
・MX-201
・ROBOパワーセルHV Cタイプ 9N-300mAh Ni-MH
・ROBOパワーセルHV Dタイプ 9N-800mAh Ni-MH
・KHR-3HV開脚フレームセット
・KBT-1
・アルミ小径ホーン(PCDφ12-M2-オフセット0
・ソールグリップA
・ソールグリップB
・PGB-001
・KHR-3HV用ブラックパーツセット

Page top


FREEDOM jr.III

製品名 FREEDOM jr.III Basic Kit/Complete Kit
WEBページ こちら
公認ルール 操縦方法は以下の3通りとする。

・FREEDOM jr.III Wireless Controller による無線通信
・ロボットとPC 間のBluetooth による無線通信
・自律動作(操縦しない)
公認オプションパーツ ・SIXAXIS
・FDIII-DISPLAY
以下Basic Kitの場合
・FREEDOM jr.III Wireless Controller
・FREEDOM jr.III バッテリ

Page top


ROBOBUILDER

製品名 ロボビルダー クリエイター5710K キット
WEBページ こちら
公認ルール

構造はHUNOのみとする。
組み立て方法は、付属の組み立てマニュアルに従うこと。

公認オプションパーツ なし

Page top


Bioloid

製品名 Bioloid Comprehensive Kit
WEBページ こちら
公認ルール 構造はHumanoid(18軸型、19軸型)のみとする。
組み立て方法は、付属の組み立てマニュアルに従うこと。

操縦方法は以下の3通りとする。
・RC-100Z による無線操縦
・Bioloid Comprehensive、Beginner kit、CM-5 とZIG-100A を使ってリモートコントローラを作成
・自律動作(操縦しない)

自作リモートコントローラの形状は問わない。
公認オプションパーツ ・RC-100Z
・ZIG-100A
以下リモートコントローラとしての使用に限る
・Bioloid Comprehensive/Beginner kit
・CM-5

Page top


MANOI AT01

製品名 MANOI AT01
WEBページ こちら
公認ルール 組立て説明書に従って組み立てる事。
取扱説明書に記載されている改造は認めるが
LiPo電池を搭載する場合は『PowerLand』社製品に限る。
公認オプションパーツ 取り扱い説明書に記載しているセンサ、無線機器、電池
・『Power Land』社製LiPo電池

Page top


KHR-3HVコンプリートセット
ROBO-ONEカスタム仕様

製品名 KHR-3HVコンプリートセットROBO-ONEカスタム仕様
WEBページ
公認ルール 組み立ては付属の組み立て説明書にしたがって行うこと。
公認オプションパーツ ・KHR-3HV(ノーマル)にオプションの開脚フレームを搭載。
・ 無線仕様、組立完成品
・頭のサーボを腰に移植し、腰軸旋回可能
・軸数は17軸(KRS-2552HV
・腕足部にバトル向け専用アルミフレーム搭載
・純正でパワーランドのリポを使用(800mAh)
・身長401mm、重量約1600g

Page top


TINYWAVE

製品名 TINYWAVE
WEBページ こちら
公認ルール 操縦方法は以下の通りとする。
・PS2タイプ Bluetooth (もしくはZIGBEE)Wireless Controller による無線通信
・PCとロボット間のBluetooth(もしくはZIGBEE)による無線通信
・自律動作 ・半自律動作
公認オプションパーツ ・TW-01 ジャイロセンサー
・TW-04 測距センサー
・TW-05 赤外線センサー
・TW-06 3軸加速度センサー
・TW-16 有線コントロールケーブル
・TW-17 行動制御ボードROBOLIFE
・TW-07 AC充電器
・TW-08 開発用DC電源
・TW-09 市販LiPo電池 11.1V 以内
・TW-10 DCマルチチャージャー
・AX-12A換装可能

Page top


TINYWAVE-F

製品名 TINYWAVE-F
WEBページ こちら
公認ルール 操縦方法は以下の通りとする。
・PS2タイプ Bluetooth (もしくはZIGBEE)Wireless Controller による無線通信
・PCとロボット間のBluetooth(もしくはZIGBEE)による無線通信
・自律動作 ・半自律動作
公認オプションパーツ ・TW-01 ジャイロセンサー
・TW-04 測距センサー
・TW-05 赤外線センサー
・TW-06 3軸加速度センサー
・TW-16 有線コントロールケーブル
・TW-17 行動制御ボードROBOLIFE
・TW-07 AC充電器
・TW-08 開発用DC電源
・TW-09 市販LiPo電池 11.1V 以内
・TW-10 DCマルチチャージャー
・AX-12A換装可能

Page top


JO-ZERO

製品名 JO-ZERO
WEBページ こちら
公認ルール 組み立て方は付属の取扱説明書に従うこと。
無線機器はRT社製Wiz-XR-RCB-Cを使用すること。

無線機器の保護は、取扱説明書又は以下ページに従うこと。
http://www.jo-zero.com/support.html
公認オプションパーツ  

Page top


STD-ZERO

製品名 STD-ZERO
WEBページ こちら
公認ルール 組み立て方は付属の取扱説明書に従うこと。
無線機器はRT社製Wiz-XR-RCB-Cを使用すること。

無線機器の保護は、取扱説明書又は以下ページに従うこと。
http://www.jo-zero.com/support.html
公認オプションパーツ  

Page top


Pirkus・R Type-01 DX II Light

製品名 Pirkus・R Type-01 DX II Light
WEBページ こちら
公認ルール Bluetoothによる無線操作。
地上で利用可能な電波を利用したラジコン用プロポ。
自律動作 ・半自律動作。
定格電圧 8.6V以下のバッテリーを利用すること。
公認オプションパーツ ・ジャイロセンサー
・加速度センサー
・PSDセンサー

Page top


Pirkus・R Type-01 DX

製品名 Pirkus・R Type-01 DX
WEBページ こちら
公認ルール Bluetoothによる無線操作。
地上で利用可能な電波を利用したラジコン用プロポ。
自律動作 ・半自律動作。
定格電圧 8.6V以下のバッテリーを利用すること。
公認オプションパーツ  

Page top


Pirkus・R Type-01

製品名 Pirkus・R Type-01
WEBページ こちら
公認ルール Bluetoothによる無線操作。
地上で利用可能な電波を利用したラジコン用プロポ。
自律動作 ・半自律動作。
定格電圧 8.6V以下のバッテリーを利用すること。
公認オプションパーツ  

Page top


ISAMARO

製品名 ISAMARO
WEBページ こちら
公認ルール コントローラーは、地上で利用可能な電波を利用したもので、RCB-3HVで利用可能なものであれば利用可能
公認オプションパーツ ・KRG-4 ジャイロセンサー
・KRG-3 ジャイロセンサー
・RAS-2 加速度センサー
・RAS-1 加速度センサー
・MR106 ボールベアリング
・ISAMARO-BP1
・ISAMARO-BP2

Page top


ISAMARO MarkIIシリー

製品名 ISAMARO MarkII
WEBページ こちら
公認ルール コントローラーは、地上で利用可能な電波を利用したもので、搭載しているマイコンボードで利用可能なものであれば利用可能。
公認オプションパーツ ・KRG-4 ジャイロセンサー
・KRG-3 ジャイロセンサー
・RAS-2 加速度センサー
・RAS-1 加速度センサー
・MR106 ボールベアリング
・ISAMARO-BP1
・ISAMARO-BP2

Page top


G-ROBOTS GR-001

製品名 G-ROBOTS GR-001(RS301,RS302サーボ仕様)
G-ROBOTS GR-001(RS303,RS304サーボ仕様)
WEBページ こちら
公認ルール 組立説明書に記載された通りに組むこと(肘部の向き変更は可)。

製品に付属の送受信機(RRC-T13/R13もしくはRRC-T11/R11) およびバッテリー(PR-4S780P)を使用すること。
公認オプションパーツ なし

Page top


HR-Trainer Jr.

製品名 HR-Trainer Jr.
WEBページ こちら
公認ルール 組立説明書に記載された通りに組むこと(肘部の向き変更は可)。

製品に付属の送受信機(RRC-T13/R13もしくはRRC-T11/R11) およびバッテリー(PR-4S780P)を使用すること。
公認オプションパーツ なし

Page top


RIC-30

製品名 RIC-30
WEBページ こちら
公認ルール 組立説明書に記載された通りに組むこと。
オプションの送受信機(RRC-T13/R13もしくはRRC-T11/R11)を使用すること。
バッテリは付属のニッケル水素バッテリ、もしくはオプションのPR-S470Pを使用すること。
公認オプションパーツ 送受信機 RRC-T13/R13
送受信機 RRC-T11/R11
バッテリ PR-S470P

Page top


RB2000

製品名 RB2000
WEBページ  
公認ルール 組立説明書に記載された通りに組むこと。
公認オプションパーツ ジャイロ/加速度センサ(VS-IX001)
デジタル入出力拡張ボード(VS-IX007)
アナログ入力拡張ボード(VS-IX008)
PSDセンサユニット(VS-PSD2)
ロボット用無線コントローラ(VS-C1、VS-C3)
Bluetooth通信モジュール(VS-BT001)

Page top


Robovie-X

製品名 Robovie-X
WEBページ  
公認ルール 組立説明書に記載された通りに組むこと。
公認オプションパーツ ジャイロ/加速度センサ(VS-IX001)
デジタル入出力拡張ボード(VS-IX007)
アナログ入力拡張ボード(VS-IX008)
PSDセンサユニット(VS-PSD2)
大型足裏セットA
Robovie-X用19軸化セットA
ロボット用無線コントローラ(VS-C1、VS-C3)
Bluetooth通信モジュール(VS-BT001)

Page top


Robovie-nano

製品名 Robovie-nano
WEBページ  
公認ルール 組立説明書に記載された通りに組むこと。
公認オプションパーツ ジャイロ/加速度センサ(VS-IX001)
デジタル入出力拡張ボード(VS-IX007)
アナログ入力拡張ボード(VS-IX008)
PSDセンサユニット(VS-PSD2)
YAW軸セット
ハンドグリップ拡張セット
ロボット用無線コントローラ(VS-C1、VS-C3)
Bluetooth通信モジュール(VS-BT001)

Page top



※以下ご協賛企業様向けの内容です。大会への出場をご希望の方はお読み頂く必要はございません。

■制度の目的
 ROBO-ONE本大会に参加する選手の技術が日々向上して行く中、初心者の敷居は高くなっています。 初心者でも熟練者と同じフィールドで戦える場として、公認ロボット制度を導入した大会「ROBO-ONE Light」を開催します。 初心者のロボット製作意欲を掻き立て、市場を活性化することを目的とします。

 ROBO-ONE Lightは、公認ロボット制度を適用した市販ロボットと改造・自作ロボットの間にハンデを設けることで、初心者でも参加しやすい大会となります。 公認ロボット制度を適用した市販ロボットは、無改造であれば重量・足裏サイズ・腕の長さ・重心位置などが規定に則っている必要はありません。 一方自作ロボットは、1kg以下かつ足裏サイズ・腕の長さ・重心位置などがROBO-ONE本大会競技規則の「ロボットの規定」に則ったものでなければなりません。

■公認ロボットの条件
  1. ROBO-ONEに協賛している企業から市販されているロボットであること。又はそのロボットの開発に携わった企業がROBO-ONEに協賛していること。但し後者が申請できる公認ロボットは、協賛口数と等しい種数に限る。
  2. ロボットの身長、重量、足裏サイズ、脚・腕の長さ、軸数、モータトルク等の性能が他の市販ロボットからかけ離れていないこと。その判断はROBO-ONE委員会が行う。
  3. 性能差が大きい場合はハンデ又は救済処置を設けることで対応する場合がある。
  4. ロボットの組み換え、改造が製品仕様として取扱説明書等に明記されている場合は、一定の形状(ヒューマノイド型)に限定すること。
  5. 公認ロボットは事前にROBO-ONE公式WEBサイトにて公開する。

■公認オプションパーツの条件
  1. メーカーの提供するオプションパーツで、ROBO-ONE委員会が認める物のみ公認オプションパーツとして登録できる。但しオプションパーツの総重量は150g以下とする。
  2. 公認オプションパーツは事前にROBO-ONE公式WEBサイトにて公開する。
※公認ロボットに含まれている消耗品、交換部品は申請する必要はありません。拡張を目的としたオプションパーツに限ります。但し登録していない消耗品、交換部品を拡張目的に使用することはできません。
※同種の公認ロボットにおいて、キットAがキットBに完全に含まれる場合、キットAはキットBまでの拡張を認めます。
※オプションパーツの総重量150g以下というルールを、参加者に対する競技規則には記載しません。事前にオプションパーツ総合計が150g以下になるよう申請するか、公認ロボットルールの中で150g以下になるよう数量を規定してください。

■ROBO-ONE Light大会の開催
  1. ROBO-ONEに協賛している企業は大会(ROBO-ONE Light)を開催することができる。
  2. ルールはその大会の一般公開時にROBO-ONE公式WEBサイトにて公開されているROBO-ONE Lightの競技規則に従うこと。
  3. 大会の開催には、ROBO-ONE事務局ができる限りサポートする。

■公認ロボット制度申込
 公認ロボットの申請希望の方はメールにてご連絡ください。

■公認ロボット決定後
 ROBO-ONE事務局より審査結果をご連絡いたします。公認された場合、当ページに掲載するために必要な情報をご提出頂きます。

●公認ロボット一覧
●公認ロボット詳細
●制度について
●ROBO-ONE Light

お問い合わせ>>>



近藤科学株式会社

株式会社デジタルリンク



日本ナショナルインスツルメンツ株式会社
株式会社日本ヴイアグレイド
株式会社サンライズ
ロボットゆうえんち

有限会社杉浦機械設計事務所
姫路・ロボチャレンジ
ロボスクエア
西置賜産業会
チームピルクス
テクノロジア株式会社
双葉電子工業株式会社
株式会社テクノロード

株式会社MAGES.
株式会社イクシスリサーチ
ヴイストン株式会社

2013年8月10日現在




 




Copyright (c)2012 Best technology,Inc. LOXLEY,Inc. All rights reserved.